本日の特集は#アート・ペッパー

本日の特集は#アート・ペッパー。 コアなファンは団塊の世代の方々と思います。亡くなる1982年くらいまでは、日本のジャズマーケットで良く売れたアーティストでした。 白人ならではの繊細で哀愁を帯びたサックスの音色は日本人の気質にも合ったのだと思います。 今なら袋叩きになっていたかも知れませんが、度重なる薬物中毒から抜け出させず活動中止期間も長かったですが、ファンは見放さなかったです。 代表作は#モダンアート#Meets The Rhythm Sectionで1950年代のウエストコーストジャズの名盤でもあります。特にMeets The Rhythm Sectionは、当時のマイルスディヴスのリズムセクションとの共演だったのですが、録音当日、全くその事を全く忘れていて、急いで行って、リハーサルなしで録音されています。またアルトを吹くのは半年ぶりだったのも驚きでもあります。そう言う偶然が名盤を生んだのもジャズならではでしょう。 晩年は50年代の音色とは異なり、モード奏法を取り入れパワフルになります。昔のファンからは色々言われましたが、今となればこれもペッパーの魅力の一つだと思います。特にコンテンポラリー復帰後の#ノー・リミット#ザ・トリップなどは名演であり聞き逃すには惜しい作品群です。 彼自身も日本をこよなく愛し、また日本のジャズファンにこれほど愛されたプレイヤーもいなかったと思います。 本日は1950年代の彼の代表作から最晩年のジョージケイブルスとのセッションまでお届けします。 

0コメント

  • 1000 / 1000

ビーバンプ(kids caffe beevamp)

丸二周年を迎えることが出来ました。 赤ちゃんカフェ×音楽カフェ 小さなお子さん連れのお母さんが楽しめるカフェです。 (貸切・教室のない時間帯は通常のカフェです) 各種イベントはお一人様(一組様)から参加出来ます。 「お誕生日会」「女子会」貸切プラン予約受付中 音楽教室は夜10時までのレッスンが可能です。